しろありは新材が大好物!リフォーム時にはシロアリ予防を

リフォーム

新築30年ほどすると家屋の様々な箇所に修復が必要となり、リフォームをされる方も多いと思います。

そんな時に気をつけたいのが、リフォーム箇所のしろあり予防。

なぜリフォーム箇所にしろあり予防が必要なのか解説します。

シロアリは新材が大好き

実はしろありは新しい木材が大好き。

日本で主に猛威をふるっているイエシロアリ・ヤマトシロアリともに古材よりも新材を好んで加害します。

リフォームで新しくなった部分はシロアリの格好の餌場となります。

リフォーム箇所には薬剤がかかっていない

たとえばキッチン部分の床の張り替えを行なった場合、その前にしろあり予防工事を行っていたとしてもそのリフォーム箇所には薬剤がついていません。

そのためその部分にしろありが住みつき、そこから家屋全体に被害が広がる可能性があります。

リフォームを行ったあとしろあり被害が発生した場合、保証対象外となってしまいます。

そのため、リフォーム工事の際には忘れずにしろあり予防を行いましょう。

ひだかビルシステムではリフォームのご連絡をいただけましたら適宜対応させていただきますので、0987-23-3844 までご連絡をお願いいたします。

「しろありは新材が大好物!リフォーム時にはシロアリ予防を」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA